テラスカイ(3915)株価上昇まで時間がかかる理由

短期△長期○

結果【株価上昇まで時間がかかる理由】

まとめ

株価上昇まで時間がかかる理由

なぜ利益は出ない?

成長市場で強みを発揮?

本来の実力は割高?

どんな会社【】

株価

2020に上昇

2019年までは3,000円以下

2020年10月に最高値の5,700円へ上昇

直近は下落

今は3,900円

約2/3まで下落

LTSも同じ

直近はどの成長株も下がっている

事業

クラウド製品開発事業

クラウド販売代理店事業

salesforceやAWSなど他社の製品を販売する

売上全体の8割を占める主力事業

業績【なぜ利益は出ない?】

年推移

売上は成長つづく

売上は順調な会社が多い

営業利益は横ばい

2020計画

2019年は前年比で大きく伸びたけど

営業利益率は低い

2019年実績は8%

投資するなら15%は欲しい

利益率が低いとリスク大きい

また、2020年純利益は株式売却益で異常に

四半期推移

売上は右肩上がり

しかし、直近は減少

営業利益は横ばい

売上が増加しても横ばい

今後も利益が伸びないなら厳しい

セグメント

2つの事業ともに成長

2019年は

2020年は製品事業は減少

理由は市場拡大

成長分野で事業を展開できている

コスト文

売上総利益率が低い

0.31

売上が増えても営業利益が増えづらい

販管費の増加も大きい

前年比+5億

2019年は一時的な売上

一過性の製品売上があった

結果、本来の利益実力は低い

戦略【成長市場で強みを発揮?】

市場

クラウド市場は拡大が続く

テラスカイの販売するサービスはどれも成長

具体例

ともに将来も伸びるのは疑う余地なし

強み

成長市場に強みを持つ

salesforceの認定技術者数が国内1位

成長が確実な分野で強みを持つことは大きなプラス要因

積極的な戦略展開

2019年は国内子会社・海外子会社・ファンドを設立

海外はタイへ進出

成長分野を狙う力

salesforceから始まり

AWS・クラウドSAPと狙いがうまい

2020年はコロナを契機にテレワークに注力

ここから先を閲覧するにはログインが必要です。

✓無料会員登録で全ページ・全文を閲覧できます

✓つづきは戦略・指標の分析です

ログインはこちら

無料会員登録はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました