超優良株【手間いらず】の株価は上がる理由(2477)

超優良株


youtubeメンバーシップ登録はこちらから

まとめ

株価は上がる

環境悪化でも利益がだせる?

コロナを乗り越える事業のニーズ?

現状は割安?

どんな会社

株価

長期では上昇傾向

2018年:1,700円

2020年2月:6,900円

4倍まで上昇

コロナショックで下落

43891

コロナショックで最高値の半分まで下落

手間いらずの事業は宿泊関連

コロナの影響が大きい

回復し落ち着いた

しかし、コロナからは回復

直近の高値は6,300円

コロナショック時の倍に

今は5,000円

最高値の△20%に落ち着いた

事業

宿泊予約管理システム

ホテル・旅館向け

複数の旅行サイトを一括管理

ホテルや旅館は管理が面倒

これを一括で行うのが手間いらずの特徴

業績【環境悪化でも利益がだせる?】

年推移

2020年度までは成長つづく

2020年6月まで

過去5年間は売上・利益ともに右肩上がり

成長幅も+22%と十分

2021年は横ばいに転換

2021年計画

なぜ、売上は横ばいに転換?

営業利益率71%

異常に高い

利益体質はとても良い会社

なぜ、利益率は異常に高い??

四半期推移

2020.4Qに売上減

年間でも売上減少したが、2020.4Q(4~6月)に潮目が変わった

理由はコロナショック

コロナ前(2020.3Q=2020年3月まで)は順調

コロナによって、顧客である旅館・ホテルの利用者数減少

営業利益は横ばい

一方で、利益の減少幅は小さい

コロナでも営業利益率73%

2020.4Q(4~6月)の緊急事態宣言の時期でも

利益率が悪化しないことは大きなプラス要因

将来も外部環境が悪化しても期待できる

売上要因

コロナの影響が想定より小さい

具体化

ダイレクトにコロナの影響を受ける業界

訪日外国人数は前年比大幅減

2019-2020年比較:△76%

それでも売上の減少幅は小さい

2020.3-4Q比較:売上△0.5億

前年の3ヶ月比:+5%

コロナが起きても、前年Q比で増加をキープ

加えて、2021.1Qは売上が回復

コロナショック前の水準に戻ってきた

半年前:2020.3Q:売上4.3億

なぜ、想定よりもコロナの影響が小さいのか?

理由①固定売上が大きい

売上内訳

固定:月額基本料・オプション料

変動:予約数に応じた利用料

コロナで影響を受けたのは主に変動する売上

これは手間いらずの大きな強み

理由②売上はSaaS型

メリット:売上が下がりにくい

お客様との契約は続く

ただし、SaaS型でも売上が下がる銘柄もある

具体化

解約率が低い場合

SaaS型売上の比率が低い場合

会社全体の売上に占める構成比

手間いらずはしっかりと売上が積み上がっている

解約率が低いと推測

コスト文

売上減でも売上総利益率90%

予約管理システム事業の運用コストが低い

「お客様に売った後、サービスを運用する」ここに追加コストがかかりにくい

メリット:売上が増えてもコストがかかりにくい

売上が増えれば増えるほど利益が伸びる

販管費をコントロール可

業績が悪化した2020.4Q

販管費を減らすことができている

利益が出せることはすごい

広告コストが小さい

広告少なくても売上成長

ここから先を閲覧するにはログインが必要です。

✓無料会員登録で全ページ・全文を閲覧できます

✓つづきは戦略・指標の分析です

ログインはこちら

無料会員登録はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました