人気テーマ【半導体銘柄】2選~後編~(3374)

リスク銘柄

結果

まとめ

人気テーマでも株価上昇は難しい理由!?

利益率が低すぎる。。

業績

年推移

売上は横ばい

2020実績までは売上減少

しかし、2021計画では回復する見込

2020年実績:前年比+-8%

四半期推移

3ヶ月推移では売上の水準が低下

なぜ、売上のベースは下がっているのか?

そして、本当に2021計画は売上増加するのか?

事業

半導体の商社

製造も行う

セグメント

売上の大半は商社事業

将来の成長も商社事業が左右する

製造事業は変動も小さい

売上要因

売上の7割を1社が占める

会社全体の売上のうち、7割を東京エレクトロングループが占める

リスクは高い

現状を変えにくいので、売上成長が急拡大しない可能性あり

2020年は半導体市場が低迷

具体的:メモリーの需給が悪化

半導体に特化した会社なので、市場面のリスクヘッジが難しい

そのため、売上は外部環境に左右されやすい

年推移_利益

利益は横ばいが続く

営業利益率はかなり低い

2020年実績:2%

利益率が異常に低い理由はなにか?

コスト文

売上総利益率は低い

2020年実績:11%

非常に低い

そのため、売上が伸びても営業利益が増えにくい

販管費は減少

理由は人件費の抑制

営業利益を増やす戦略としては良くない

縮小均衡に陥ってしまう

ここから先を閲覧するにはログインが必要です。

✓無料会員登録で全ページ・全文を閲覧できます

✓つづきは戦略・指標の分析です

ログインはこちら

無料会員登録はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました