イノベーション(3970)成長と割安を両立するので、株価は上がる

安定成長

結果【成長と割安を両立するので、株価は上がる】

まとめ

成長と割安を両立するので、株価は上がる

なぜ利益成長の可能性高い?

安定したビジネスモデル

3ヶ月後は割安へ

どんな会社

株価

直近は下落中

2019年までは3,000円以下で低迷

2020年6月に急上昇

理由は売上拡大

最高値の半分

期待されすぎていた株価が戻ったか

事業

比較サイト事業

事業は大きく2つ

セミナー動画事業

売上の多くは比較サイト事業が稼ぐ

webセミナーも

2019年6月にM&A

業績【なぜ利益成長の可能性高い?】

年推移

売上は大きく成長

2019年から大きく成長

前年比+30%

2020年計画も成長はつづく見込み

成長幅は同じ

前年比+5億

営業利益は順調

2019年に利益が出るようになった

利益率は高くない

2019実績:9%

20%あればよかった

利益率が低いと

トラブルが有ると赤字になりやすい

お金もたまらないので次の投資がやりにくい

2020年に改善する見込み

プラス要因

売上が増えるほど利益率が改善するなら

今後も利益率が改善する可能性は高い

四半期推移

前四半期比で成長

大きなプラス要因

前年比で成長は他の銘柄でも良く見る

一方、イノベーション社は前四半期比で成長

営業利益も安定

これが続くなら将来も売上・利益とも期待できる

利益増加の理由が重要

セグメント

比較サイト事業が大きく成長

利益の大半を稼ぐ

比較サイト事業

イノベーション社の成長は比較サイト事業にかかっている

売上要因

比較サイトの利用者数増

前年比+44%

増加幅は大きい

コロナショックが追い風

テレワークの増加

結果、検索数が増加

コスト文

利益増の理由は利益体質

固定費である販管費は微増

一方で、売上増によってしっかり固定費を吸収

売上総利益率は良好

現場の利益率

48%は十分に良い

売上総利益率が高いので、固定費を吸収しやすい

売上総利益率が向上

ここから先を閲覧するにはログインが必要です。

✓無料会員登録で全ページ・全文を閲覧できます

✓つづきは戦略・指標の分析です

ログインはこちら

無料会員登録はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました