HEROZ|AI銘柄vol.1人気テーマだけど株価はきびしい理由(4382)

リスク銘柄

結果

まとめ

人気テーマだけど株価はきびしい?

弱い売上成長+難しい利益改善+割高

業績

年推移

売上は成長つづく

成長幅は十分

2020年実績:前年比+12%

しかし、高い水準ではない

なぜ、市場が拡大しているAI銘柄なのに売上成長は大きくないのか??

四半期推移

3ヶ月売上は着実に増加

でも、やはり成長幅は大きくない

まず、、、

事業

将棋ゲームで培ったAI事業

具体的には2つ

頭脳ゲーム

BtoC事業

AIをビジネスに展開

BtoB事業

売上要因

ゲーム売上が減少

はやり廃りがあるので読めない

AI売上は増加

年推移_利益

営業利益も順調に増加

営業利益率は十分

2020年実績:30%

しかし、、、

2021年は減少

なぜ、2020年までは順調なのに、2021年は利益減少?

利益要因①

売上総利益率は合格ライン

2020年実績:前年比+50%

販管費の構成比も大きくない

しかし、、、

利益要因②

先行投資でコスト増加

2019年12月に40億を資金調達し、

その資金を人・サーバに投資中

2022年までは利益が出にくい

先行投資は2022年まで継続する予定

そのため、2022年4月期もしくは2023年4月期までは利益が出にくい可能性高い

加えて、、、

将来もつづくコスト

人・サーバへの投資コストは2023年以降もつづくと推測

結果、利益体質の改善はすぐには難しい

戦略

市場

世界のAIソフト市場は急上昇

2025年までの年平均成長率は43%

日本は人口減少によってAI活用のニーズが強い

特に建設業

2025年に11万人の技術者が不足する

強み

ここから先を閲覧するにはログインが必要です。

✓無料会員登録で全ページ・全文を閲覧できます

✓つづきは戦略・指標の分析です

ログインはこちら

無料会員登録はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました