【Edulab(エデュラボ)】おすすめ株価安定成長銘柄(4427)

安定成長

結果

おすすめ株価安定成長銘柄2選vol.2

まとめ

安定銘柄かつ更なる上昇期待!?

固い事業なのに高成長を実現

業績

年推移

売上は成長つづく

成長幅も大きい

2020年実績:前年比+32%

四半期推移

売上は3Q・4Qに高くなる傾向

ベースは右肩上がり

売上の伸び方も良い

なぜ、売上成長は順調なのか?

2021年も成長は続くのか?

事業

事業は2つ

①eラーニング事業

ライセンスを販売する事業

具体的:教育プラットフォーム(英ナビ)

②テスト受託事業

セグメント

主力事業が成長中

主力のeラーニング事業が売上増加を牽引

しかも、、、

伸びて欲しい事業が成長中

もう一つの事業であるテスト受託事業は、受託であり独自のサービスではないので利益率が低い

伸びて欲しいeラーニング事業が成長するのはプラス要因

では、なぜeラーニング事業は売上増加?

実は、、、

売上要因

M&Aによって売上増加

2020年度は半年分で寄与

前年比+20億のうち、約+8億円がM&Aによるもの

だがしかし、、、

既存事業でもしっかり増加

教育プラットフォームの英ナビは会員数の増加が続く

2021年はM&A効果が残る

2020年は半年分の寄与

2021年は1年間の寄与

それでも、2021計画+37億のうち、+20億は既存事業の想定

結果、本業も成長は強い

年推移_利益

売上に比例して営業利益も増加

営業利益率も高い

2020年実績:23%

判断基準の15%を超えている

この売上成長と利益率を両立できていれば言うことなし

なぜ営業利益率は高いのか??

コスト文

売上総利益率は合格ライン

2020年実績:48%

売上総利益率が十分高いので、販管費を吸収できている

販管費の構成比率が小さい

売上に対して販管費が小さい

効率の良い事業運営ができている

しかも売上規模は80億と既に大きい会社

この効率の良さは簡単には変わらないと推測

ここから先を閲覧するにはログインが必要です。

✓無料会員登録で全ページ・全文を閲覧できます

✓つづきは戦略・指標の分析です

ログインはこちら

無料会員登録はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました