キャリアリンクの株価は安定成長する理由(6070)

安定成長

結果

まとめ

株価は急上昇せず、安定成長の理由とは?

利益の急上昇は一時的であり、株価には織り込まれた可能性高い

業績

年推移

売上は成長つづく

2018年までは横ばい

直近の2019

2020

2021年度は増加

成長幅も大きい

2020年実績

0.13

直近2021年度は急成長

なぜ、売上は急成長したのか?

一時的な要因かどうかを✓?

四半期推移

売上は徐々に上昇

一時的ではなく、着実な上昇なので安定感はある

事業

人材派遣事業

企業や官公庁に派遣

派遣事業が対象とする業界は幅広い

具体例:コールセンター・証券・製造業など

後述の強みの一つへつながる

売上要因

流行を捉えて売上増加

具体例:消費増税・キャッシュレス決済分野

強みの1つ:人材派遣はどの業界でも利用されるので、どの年でも流行する業界がある

直近の急上昇は新規大型案件が理由

特別な戦略によるものではなく、これまでの延長線上で受注

年推移_利益

営業利益も着実に増加

2020年度までの営業利益増加の理由は売上の増加

特別な理由はない

一方で、、、

営業利益率は低い

2020年実績

0.03

直近の利益率は上昇

なぜ変化が起きたのか?

利益要因①

売上総利益率は低い

2020年実績

0.188788323934986

販管費の構成比は小さい

やはり営業利益率の低さは低い売上総利益率が要因

直近は売上総利益率が改善

2021年度の営業利益率改善の理由は売上総利益率の改善

理由はコスト削減策と、DX投資がコロナによって後ろ倒しとなったこと

コスト削減策は継続するが、投資の後ろ倒しは一時的

2021年度4Q以降は利益率が下がる可能性あり

利益要因②

計画を上方修正

売上・利益ともに上方修正

特に営業利益を大きく修正

株価には織り込まれてしまった

将来の急成長は難しいが、売上の安定成長は続く見通し

将来

計画を上方修正

売上・利益ともに上方修正

特に営業利益を大きく修正

株価には織り込まれてしまった

将来の急成長は難しいが、売上の安定成長は続く見通し

戦略

強み

ここから先を閲覧するにはログインが必要です。

✓無料会員登録で全ページ・全文を閲覧できます

✓つづきは戦略・指標の分析です

ログインはこちら

無料会員登録はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました