仕込み時な急成長期待の優良株

どんな銘柄?

圧倒的なAI技術力を持つ会社
大幅成長銘柄をねらいたい方に

分析結果

1.売上はとても順調
2.しかし、利益が出ない
3.実力は文句なしだが2022年まで我慢

概要

銘 柄:PKSHA Technology(3993)
事 業:AI(ディープラーニング)
テーマ:AI・MaaS・IoT

point①【業績】

1.売上はとても順調

売上は急成長
成長幅2020年+142%
異常なほど
成長幅2021年+28%

売上成長の理由

セグメント別ではMaaS事業が4倍に増加
AI事業も+13%と順調に成長
MaaS事業が4倍に成長した理由
売上44億の会社を買収した効果
駐車場のデータを活用したサービスを提供する会社
一方で、既存事業も前年比+5億(+30%)成長

2.しかし、利益が出ない

利益率が急激に悪化
2018年は営業利益率40%
2020年は9%に悪化

利益が伸びない理由

コストの内訳を見ると売上総利益率が△15%悪化
加えて、販管費2倍に悪化
そのため売上が大きく増えても利益貢献が無かった
悪化の理由は成長投資
2021年以降も成長投資を継続
加えて、既存事業では成長下振れ
既存事業は営利率30%なので影響が大きい

3.実力は文句なしだが2022年まで我慢

2021年以降の予測

2021年はM&A除く実力でも成長する見込み

戦略面の強みが成長を実現する

一部戦略面を先出し

【事業】の強み

AIそのもの(=アルゴリズム)に強みを持つ
具体例(1)配送マッチング・人材配置の最適化
具体例(2)顧客データの分析
具体例(3)コールセンターの対応自動化
メリット事業の拡大可能性が高い
【具体例】コールセンター自動化を社内問い合わせに転用
加えて技術で国内No.1をねらう
使われるほど品質が上がるビジネスモデル
AIのデータがたまるほどAI自体の精度が向上
【具体例】コールセンター自動化の精度向上
その効果として顧客の継続率が高くなる
しかし、利益を出すのは2023年以降

業績面の結果=20点/30点成長力は十分だが投資期間は続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました